もはや性欲処理のためにだけ存在するものではない。

楽しいアダルト動画の関連情報

Google

時代は変わりました。DVDやアダルト動画の中にあるアイドルには、性欲処理のためだけではない新しい地位が築かれつつあります。

もはや性欲処理のためにだけ存在するものではない。

成人映画やエロビデオといえば、もともとはAV女優が本職とした職業で、DVDレンタルの時代に突入しても長い間その地位は保たれてきました。

ある本の中にも書かれていますが、銀幕のスターが活躍していた最盛期には1本の出演料が100万円というときさえあったのです。

もちろんその当時は単品レンタルが当たり前で、現代のように3本の作品をまとめ借りするとレンタル料が安くなるなどといったことはなかったのです。

美女、人妻といえばプロのAV女優が演じるもので、盗撮まがいの素人が演じる作品が人気になることはありませんでした。

その当時のDVDレンタル作品やビデオというと、性欲処理の道具でしかありませんでしたが、現代では美少女ゲームなどのアニメ系作品までがアダルトの世界に入ってきて、単なる性欲処理としてではない、異次元の使われ方もしているようです。

たとえば妄想族と言われるファンたちは、美少女ゲームの主人公を自分の中のアイドルに育て上げ、寝ても覚めても、彼女の映像を抱きしめるようにして暮らしています。

アダルト動画にもアニメ系の作品は多数紹介されていますが、彼らが求めるのは性欲処理の対象ではなく“一緒に暮らせる相手”です。

またDVDやアダルト動画は、ダウンロード販売や通販などが盛んです。

ギャル、美女、女子高生などの作品も、サイトから申し込むのが主流となりました。

妄想族と呼ばれる彼らにとって、作品の中の人物はAV女優である必要はなく、むしろもっと身近な女子高生やアニメの主人公が目当てです。

女優タイプを云々するより、激カワのアニメを配信してもらっていたほうが楽しいのです。

時代は変わりました。

性欲処理のためだけではないアイドルという地位がDVDやアダルト動画の世界に築かれつつあります。

これではAV女優のギャラも激安になるはずです。

記事RANKING

MENU