ファンを大事にしプロを育てる土壌が求められている。

楽しいアダルト動画の関連情報

Google

出演料の安い素人ものの作品が氾濫する中で、プロのAV女優はアダルト動画へ。ファンたちの行き場もなくなっています。このままで業界は発展するのでしょうか。

ファンを大事にしプロを育てる土壌が求められている。

電子書籍でAV女優やエロビデオ系の販売はされているのがろうかとネット検索していたら、AV業界の現状をつづった電子書籍があることに気づきました。

長い間の経済低迷で、日本国内のあらゆる企業が相次いで倒産・縮小している現状は実感していましたが、このようなジャンルにまで不況の波が押し寄せていたとは知りませんでした。

なんでもAV女優が活躍するビデオやDVDレンタル、あるいは通販といった業界でも売り上げが低迷していて、主役であるはずのAV女優のギャラは、1本あたり3万円といった低水準にまで下落しているそうです。

しかし、DVDショップの会員となって月額レンタルを利用している人の中には、ギャルや女子高生などの素人ものが横行する現代でも、しっかりプロのAV女優作品を追いかけているファンが大勢います。

アダルト動画がDVDレンタルにとって代わり、AVのレンタル出荷量が激減してしまったいま、無料キャンペーンなどで密かに人寄せを行っているショップもありますが、こうしたファン層は、レンタル料の高低で動く人種ではないのです。

昔のようにAV女優の情報チラシが配られることもなくなりましたが、ファンはその女優がアダルト動画の世界にシフトしようが、ダウンロード販売の通販に身をさらそうが、新着情報をきちんとキャッチしてとことんついていきます。

考え方によっては、非常にありがたい固定客です。

AV業界の盛衰は、ある意味でこうした固定客をいかに大事にするかにかかっています。

出演料の安い素人ばかりを対象とせず、“ファンを大事にし、プロを育てる土壌”というのも残して欲しいものです。

記事RANKING

MENU